ネコの目.comからのおしらせ

さとう皮ふ科クリニック

ボタンを押すと更新されます

2022/08/06 17:32 現在

地域緊急情報

地域緊急情報

2022/08/16 17:09
大雨と雷及び突風に関する神奈川県気象情報

令和4年08月16日 17時04分横浜地方気象台発表

神奈川県では、17日昼過ぎから夕方にかけて、雷を伴い激しい雨の降る所がある見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷、竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意してください。

[気象状況と予想]
 前線を伴った低気圧が北海道にあって東北東へ進んでいます。また、低気圧からの前線が日本海を通って黄海へとのびています。
 低気圧は17日にかけて千島近海へ達し、前線は17日にかけて東日本から西日本にかけてほとんど停滞するでしょう。  
 神奈川県では、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、17日昼前から夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

[防災事項]
 神奈川県では、17日昼過ぎから夕方にかけて雷を伴い1時間に30ミリの激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。雨雲が予想以上に発達したり、停滞した場合には、警報級の大雨となる可能性があります。また、台風第8号による大雨の影響で、少ない雨量でも土砂災害の危険度が高まるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。
 17日昼前から夜遅くにかけて、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。降ひょうのおそれもありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

[量的予想]
<雨の予想>
17日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
 東部 30ミリ
 西部 30ミリ
16日18時から17日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
 東部 60ミリ
 西部 60ミリ
の見込みです。

[補足事項]
 今後発表する防災気象情報に留意してください。
 また、土砂災害や浸水害及び洪水害の危険度に関しては「気象庁ホームページ」のキキクル(危険度分布)をご確認ください。
 次の「大雨と雷及び突風に関する神奈川県気象情報」は、17日7時頃に発表する予定です。



このメールに関するお問い合わせは、bousai@fuji-anshin.net までお願いします。

ふじさわメールマガジン配信サービス
http://fuji-anshin.net/mm/

臨時休診

8月17日(水)までの間、臨時休診とさせていただきます。誠に申し訳ありません。

現在の状況

ただいまの時間、診察を終了しております。
診療時間等は基本情報よりご確認ください。

向こう1時間の天気(予報)

31/ 29

お気に入り登録する